スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「愛子さま不登校」世界を駆けめぐる…海外メディア一斉報道(スポーツ報知)

 “愛子さまショック”が全世界に広がっている。皇太子ご夫妻の長女で、学習院初等科2年の愛子さま(8)が、同学年男児の乱暴な振る舞いによる強い不安感や腹痛を訴え、1日からほとんど登校できない状態にあることが明らかになった問題に対し、米英など世界中のメディアが「悲しきプリンセス」「いじめにあった」などと報じた。

 現在、世界中には日本を含め、20以上の王室が存在する。皇族としては異例の“不登校”に、英国など世界の「王国メディア」を中心に全世界で大きく報じられた。

 ▼英国で 憲法で「国王は君臨すれども統治せず」とされ、国王を重んじる同国。デイリー・メール紙では「愛子さまは“バイオレント・ボーイズ”(凶暴な男の子ら)の影響で、学校を休んでいる」と説明。第2次世界大戦終戦時の天皇として世界中で知られ、愛子さまの曽祖父にあたる昭和天皇の写真とともに伝えた。タイムズ紙のオンライン版は「精神的ストレスで学校に行けない」とした。

 ▼タイで バンコク・ポスト紙では、真剣な表情で文字を書く訓練をする愛子さまの写真を紹介し「乱暴な男の子のせいで、日本の王女が学校に行けない」と報じた。古くから日本皇室と密接な関係をもち、両国の皇室、王室メンバーの公的、私的訪問が頻繁に行われているだけに、愛子さまが被害にあった事実を強く示した。

 ▼スペインで エル・ムンド紙では、愛子さまが昨年10月に行われた運動会でのリレーで1位に輝き、両手でガッツポーズして笑顔を見せる写真を大きく掲載。小学校への登校できない愛子さまに対し「王女愛子は、学校で悩む“悲しきプリンセス”だ」と批評した。

 ▼オランダで 皇太子さまがウィレムアレクサンダー皇太子の結婚式に出席するなど古くから皇室との親交は深い同国でもトゥロウ紙が報道。「日本の王女が、学校でいじめられている」と“不登校”の原因を断定的に報じた。

 王国以外でも、世界各国で報じられた。

 ▼米国で ABCニュースは「日本の皇女が小学校で男子児童にいじめられ、数日間欠席している」とし、登校できない原因としてあたかも「いじめ」が決定的であるかのように報道。「異例ともいえる日本の皇室のプライベートな出来事を垣間見た」と伝えた。

 ▼オーストラリアで シドニー・モーニング・ヘラルド紙は「ワイルドな男の子のせいで、日本の王女が強い不安を感じて不登校」とした。

 ▼ブラジルで グローボ紙では「皇太子さまの唯一の子供が、東京の学校でいじめの犠牲者になっている」と報じ、地球の裏側まで“愛子さまショック”が広まった。

 【関連記事】
皇太子さま、アフリカに出発
愛子さま登校できず 学習院初等科「同級生男児が乱暴な振る舞い」
宮内庁発表にヤンキー先生激高「あまりに信じられない」
愛子さまが登校できず 野村大夫「乱暴な振る舞いを受け」
学習院初等科 デイリー・メール 昭和天皇 を調べる

<訃報>若槻菊枝さん94歳=バー「ノアノア」元店主(毎日新聞)
小中学校の土曜授業、橋下知事が教委に要請(読売新聞)
<掘り出しニュース>ああ、アイデア箱…松戸市役所14年間応募ゼロ 勘違いされ苦情の投書(毎日新聞)
差し入れ制限規定は違法=二審も国に賠償命じる-福岡高裁(時事通信)
1月税収9%減=ボーナス減少響く-財務省(時事通信)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。