スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<東レ>子会社取引で申告漏れ指摘される 異議申し立てへ(毎日新聞)

 東レ(本社・東京都中央区)は21日、米国やフランスの子会社との取引に絡み、東京国税局から法人所得の申告漏れを指摘されたと発表した。日本国内で法人税が課されるべき100億円超の所得を海外に移転していたと認定され、追徴税額は52億円に上る。同社は「到底納得がいかない」とし、国税不服審判所に異議を申し立てる方針。

 同社の説明などによると、国税局は、航空機やテニスラケットの材料となる炭素繊維の取引で、海外子会社に不当に安く販売したほか、技術の特許料を低く見積もったなどと指摘。09年3月期まで5年分の法人税について、移転価格税制に基づく更正処分をすると同社に通知した。

 同社広報室は「販売価格が安いとの認識は全くない。各国の税制に従い適正な納税をしてきた」と反論。二重課税防止のため、国税局に米国やフランス当局との相互協議も申し入れるという。

 一方、10年3月期に追徴分の法人税を計上することを決め、連結純損失の見通しを100億円から150億円に修正した。【加藤隆寛】

【関連ニュース】
脱税指南:八木被告「認識ない」 初公判で否認
キヤノン工事脱税:大光前社長の腹心 被告に実刑判決
キヤノン工事脱税:大光など3社に罰金2億5000万円
防衛脱税:秋山被告に有罪判決 東京地裁「巧妙で悪質」
脱税容疑:弁護士が所得税5000万円 名古屋国税局告発

仕分け 独法の無駄追及 第2弾 労政研究事業は廃止 (産経新聞)
嫌な同僚の頭、金づちで殴る 警備員を逮捕(産経新聞)
<首相官邸>電池入り不審郵便物届く(毎日新聞)
<モンドセレクション>バッケンモーツアルトのチーズオムレット、最高金賞(毎日新聞)
<NOx>バスなど排出43%減 中環審方針(毎日新聞)
スポンサーサイト

<長崎県美術館>日本初、エル・グレコ「聖母戴冠」の展示を延期 火山噴火の影響で(毎日新聞)

 長崎県美術館(長崎市)は20日、アイスランド火山噴火の火山灰による欧州航空網の混乱を受け、23日から同館で予定していた「プラド美術館所蔵 エル・グレコ《聖母戴冠》特別展示」の開始を延期することを発表した。18日に予定していたスペインからの運搬機が欠航になったため。

 開館5周年を記念した特別展に日本初公開のエル・グレコ「聖母戴冠」を展示する予定だった。22日にスペインからの運搬を予定しているが、詳細は未定という。このため開幕日は準備が整い次第としている。期間は10月24日まで。【西村綾乃】

【関連ニュース】
<こちらも火山噴火で延期>オートバイ:日本GPは4月開催が、10月に
<こちらも火山噴火で延期>ギリシャ支援協議を延期
<火山現在の様子>火山噴火:EUが飛行規制の緩和合意 20日午後から実施
<火山写真特集>アイスランド火山噴火

子ども手当、来年度から満額支給=民主研究会の参院選公約素案(時事通信)
<まんが甲子園>予選テーマ「3D」「○○無料化」 8月7、8日に本選(毎日新聞)
中国潜水艦 2隻が浮上し沖縄沖南下(毎日新聞)
労働者派遣法 改正案が衆院で審議入り 野党から懸念意見(毎日新聞)
東京、横浜などで降雪…41年ぶりの遅さ(読売新聞)

個人差大きい加齢による体形変化 ワコール人間科学研究所調査(産経新聞)

■体形維持には活動的な日常生活や体に合った下着を

 20代後半から50代前半にかけての25年間で女性のウエストは約10センチ太くなり、体重は約5キロ増えることが15日、ワコール人間科学研究所(京都市)の調査で明らかになった。50代でも20代とほとんど変わらない体形をしている女性もおり、体形の変化には個人差が大きいことも分かった。

 調査は1964年からの45年間で集めたのべ4万人分のデータのうち、50年代に生まれた約1800人の平均値を算出。もっとも体形が引き締まっているのは20代後半で、30代以降は太っていくだけでなく、体の形が変わっていた。

 また30年間の追跡調査をした100人のデータを分析したところ、乳房はまず上胸のボリュームが落ち、次いで乳房下部がたわみ、最終的に全体が外側に流れて垂れていくことが分かった。尻はまず下部がたわみ、次に頂点が下がり、最後は内側に流れ落ちていた。どんな人も同じ順序で変化し、いったん変化した後、元に戻った人は一人もいなかった。

 加齢による体形変化が小さかった人は、筋力があり疲れにくい、ぐっすり眠れているなどの身体的特徴があり、活動的な日常生活を送り、自分の体に合った下着を着用している人が多かった。調査を担当した同研究所研究員の上家倫子(うえけさとこ)さんは「若いときの体形を維持している人は、日常生活でイキイキと暮らすコツを自分なりに実行していた。また、下着の購入時には必ず試着しており、体を美しくみせようという意識が高かった。若いときの体形を維持するためにも、体形にあった下着を身につけてもらえれば」と話している。

【関連記事】
糖尿病“やせ”の人こそ要注意 早食い止めて、ゆっくり
女性の75%がメタボに高い関心
川島なお美「何も付けないで来ました」
女性向け体形補正肌着、「低価格」拡充 購買意欲を刺激
“ハマのドカベン”減量からも卒業? 筒香の大食い伝説
外国人地方参政権問題に一石

高速で車乗り捨て走って逃げる 無免許容疑の男逮捕(産経新聞)
「新しい時代の桜咲かせたい」=鳩山首相(時事通信)
反対集会に1万5000人=「島の未来、壊さないで」-普天間移設・鹿児島徳之島(時事通信)
大阪市議の弁護士が「橋下新党」に参加へ(産経新聞)
リン・チーリンが元恋人のF4ジェリーに貢献、ドラマ共演のキムタクは「大スター」―香港

<北アルプス>「乗鞍スカイライン」除雪作業始まる(毎日新聞)

 北アルプス乗鞍岳(3026メートル)を走る「乗鞍スカイライン」(14.4キロ)=岐阜県高山市丹生川町=の除雪作業が7日、スカイライン起点の平湯峠へ通じる取り付け道路・乗鞍公園線(2.5キロ)で始まった。

 3月末に降った雪の影響もあり、除雪地点の積雪は昨年より約20センチ深い約40センチ。みぞれ交じりの雨と霧の中、午前9時から、県高山土木事務所のロータリー車と除雪ドーザー各1台が厚い雪の壁を切り崩して前進。周囲の山々に響くエンジン音が、雪に埋もれた道路や木々を冬の眠りから目覚めさせた。

 全線開通は5月15日の予定。同スカイラインは、マイカーの乗り入れを規制している。【宮田正和】

【関連ニュース】
乗鞍のクマ襲撃:報告会と対策会議 体制整備や訓練提言--高山 /岐阜

月山スキー場、これからが本番…積雪8m超(読売新聞)
<動物死骸>埼玉のペット葬儀業者逮捕へ 不法投棄の疑い(毎日新聞)
与党、会期延長を視野=重要法案成立に全力(時事通信)
踏切信号故障?JR遅れ5万人近い影響 京都・大阪(産経新聞)
真央・ヨナの靴調整の男性「リンクが解雇権乱用」(読売新聞)

<科学技術施策>3段階で事前仕分け…総合科学技術会議(毎日新聞)

 内閣府の津村啓介政務官は8日、政府が6月まとめる新成長戦略で、柱となる科学技術関連施策については総合科学技術会議(議長=鳩山由紀夫首相)が今月20日をめどに各省庁の提案を3段階で優先度判定するとの方針を明らかにした。会議メンバーの有識者の意見を基に「事前仕分け」を行うことで、「省庁の壁を超えた戦略を作る狙い」という。

 新成長戦略では、環境問題を解決する革新技術(グリーン・イノベーション)と、健康長寿社会を実現する技術(ライフ・イノベーション)が大きな柱。各省庁から約150件の施策提案が既にあり、総花的にならないよう、同会議が優先度の高い順に「◎」10件、「○」20~40件の評価をつける。残りは無印扱いとなる。

スーツケース遺体事件で逮捕へ=60歳の男、死体遺棄容疑-石川県警(時事通信)
「パーマゆるい」と因縁、料金の倍額脅し取る(読売新聞)
食塩の過剰摂取防げ 1日の目標量引き下げ 男性9グラム 女性7.5グラム未満(産経新聞)
国家試験合格率、PTが92.6%、OTが82.2%(医療介護CBニュース)
鳩山政権 「政治主導」出遅れ…関連法案後回し(毎日新聞)

<シー・シェパード>抗議船長を傷害容疑などで追送検(毎日新聞)

 反捕鯨団体「シー・シェパード(SS)」メンバーが、南極海で日本の調査捕鯨船の監視船「第2昭南丸」に侵入したとして逮捕された事件で、海上保安庁は1日、SSの抗議船「アディ・ギル」号の船長だったニュージーランド人、ピーター・ベスーン容疑者(44)を傷害、威力業務妨害、銃刀法違反の容疑で東京地検に追送検した。海保関係者によると、ベスーン容疑者は「けがをさせるつもりはなかった」と傷害については否認しているという。

 追送検容疑は、2月11日午後11時ごろ(日本時間)、ベスーン容疑者が抗議行動用の小型ボートから第2昭南丸に向け、手製の発射器を使って酪酸入りのガラス瓶を複数回発射し、酪酸を飛散させるなどして妨害、甲板上にいた船員1人に全治1週間程度のけがをさせた。また、第2昭南丸に不法侵入する直前の同月15日午前7時半ごろ(同)、ナイフ(刃渡り19センチ)をブーツに隠して携帯したとしている。

 ベスーン容疑者はナイフを使って第2昭南丸の防護ネットを破って不法侵入したとして艦船侵入容疑で逮捕された。ネットを破るのに使ったナイフは「捨てた」と話していたが、実際は携帯しており、海保は器物損壊行為の証拠書類も送検した。

 海保は、第2昭南丸の船員が撮影していたビデオテープを解析。ベスーン容疑者の発射した瓶が壊れて飛沫(ひまつ)が船員にかかったとまでは断定できなかったが、乗組員への事情聴取でベスーン容疑者の行為と特定。甲板にいた3人のうち1人は、飛沫がかかるなどして全治1週間程度のけがをしたことから傷害罪に当たると判断した。

 東京地検は拘置満期の2日、ベスーン容疑者を艦船侵入と追送検された傷害などの罪で一括して起訴するとみられる。【石原聖】

【関連ニュース】
シー・シェパード:抗議船長を傷害容疑などで追送検へ
シー・シェパード:船長を艦船侵入罪で起訴へ 東京地検
シー・シェパード:監視船が下関入港 水産庁が調査
シー・シェパード:抗議船船長の拘置延長
シー・シェパード:第2昭南丸船長ら告訴

鬼太郎宝くじ1日発売、漫画主人公登場は初(産経新聞)
東方神起が活動休止(時事通信)
長官銃撃「教団内にうわさもなかった」…元オウム(読売新聞)
座礁フェリー無惨な姿 船体バラバラ、撤去「6月末までに」(産経新聞)
三井マリ子さん逆転勝訴 館長職の雇い止め訴訟(産経新聞)

<ウェブコンクール>日本眼科医会など10サイト運営者表彰(毎日新聞)

 体の不自由な人やお年寄りにも使いやすいウェブサイトを表彰する「だれもが使えるウェブコンクール」(NPO法人ハーモニー・アイ、同実行委員会主催、毎日新聞社後援)の表彰式が26日、東京都千代田区の毎日ホールで開かれた。日本眼科医会が金賞に選ばれるなど計10サイトの運営者を表彰した。他の受賞者は次の通り。

 ▽銀賞「広島県府中市公式ホームページ」▽銅賞「ゆうゆうゆう 障害者・高齢者に役立つ!ユニバーサルネットコミュニティ」▽入賞「『桃 ゆめ花』公式サイト」「大阪大学」「青森県庁ホームページ」「ECOZZERIA(エコッツェリア)」「大阪府ホームページ」▽毎日新聞社ユニバーサロン賞「生活協同組合パルシステム東京」▽クリーク・アンド・リバー社賞「Website Usability Info」

<B型肝炎>福岡地裁でも和解勧告 札幌地裁に続き(毎日新聞)
桜と笑顔ほころぶ巣立ちの季節(読売新聞)
<窃盗未遂>氏名「忘れた」被告に判決 佐賀地裁(毎日新聞)
東急田園都市線で人身事故、一部運転見合わせ(読売新聞)
緊急停止装置外して運行=作業の連絡ミスが原因-JR西(時事通信)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。